So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
攻めて相手を出させて打つ ブログトップ

返し胴のポイント② [攻めて相手を出させて打つ]

返し胴において受けの際、ポイントとなるのは手首です。
相手の面を受けるとき、手の甲を相手に向けて受けます。
刃ではない、反対側の鎬で受けるということです。
この状態で受けてから胴を打とうとすれば手を戻すしかなく、
竹刀も強く返り、剣先が自然と前方へ行きます。

最後に、返し胴を決めるためにもっとも重要なことは「攻め」です。
"待って打つ"剣道では相手が出てこなかったら打ちようがありません。
我慢できずに自分から行っては自滅していきます。
「攻め」は年齢を重ねてからも剣道を楽しむためには欠かせないのです。

返し胴のポイント① [攻めて相手を出させて打つ]

「攻め」が有効となる点の一つとして、「攻めて相手を出させて打つ」ことができます。
強い攻めで相手の不安を誘い、前に出てくるところを打ちます。
これが出来るようになれば年齢を重ねても楽しく剣道ができると思います。

相手を引き出して返す技の一つに"返し胴"があります。
剣道経験者の方はおそらく"抜き胴"の指導を受けたと思います。
これは竹刀の軌道が「下→上」です。
しかし、返し胴は竹刀の軌道が「上→下」と、抜き胴とは正反対です。
返し胴を練習する際は、この「軌道」を意識して正しい軌道を取るようにしましょう。

返し胴のポイントの一つに「相手の面を受ける位置」があげられます。
返し胴が苦手な方の多くは、面を受けるときに手を曲げてしまっていることが原因となっています。
そうすると相手と自分の距離が近くなり、結果的に右胴でなく腹を打ってしまいます。
なので、返し胴をする際は思い切って手を前に出し、「竹刀をぶつける」ようにしましょう。
そうすれば、相手の竹刀は中心を外れ、自分は手を伸ばすことで振り下ろしも鋭くなります。
また、竹刀をぶつけるときに自分の腰を少し左に回せば、
腰を右に回すだけで自然に自分の竹刀を振り下ろすことができます。
腰を使うためには膝を使います。
膝を使うためには相手の竹刀を跳ね上げた瞬間、重心を落とす必要があります。
腰と膝を連動させて使うコツは、足先を少し内側に入れながら右足を出して足幅を広くします。
こうすることで重心を落としつつ腰を左に回しながら相手の竹刀を跳ね上げられます。

腰を使うのは逆胴も同じです。
受けるときに右に腰を回し、左に回して胴を打ちます。

忘れてならないのが、胴を打つときは45度の角度から入っていくことです。
これは左右ともに大切です。

返し胴ではこのように

受け(手を前に出す)(膝を曲げて重心を落とす)(腰を左に回す)

胴打ち(上→下の軌道を意識)(45度の角度から入る)

の流れを練習することになりますが、
まずは受けるところだけを繰り返し練習するのも良いでしょう。

攻めて相手を出させて打つ [攻めて相手を出させて打つ]

「攻め」とは、相手がどれだけ反応してくれるかということです。
攻める際は相手との間合いが重要になります。
微妙な間合いで仕掛けることで初めて、相手は反応してくれるのです。
この「攻め」をすることで相手の反応を見て、私たちは攻撃を組み立てていくことになります。
攻めて相手を出させて打つ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。